Fu’s(フッズ)スノーエリア|
藤野野外スポーツ交流施設

文字サイズ
色合いの変更

特定個人情報基本方針

個人情報保護管理規定

目的

第1条
この規定は、株式会社 札幌リゾート開発公社が取得する個人情報の管理、 利用等を適正に行うことにより情報の流出など問題発生を防止することで当社の信頼を確保し、かつ保有する個人情報を有効に利用できることを目的とする。

適用の対象

第2条
この規定は、当社役員および社員、契約社員、嘱託社員等全従業員に適用される。

管理体制

第3条
1,この規定を効果的に運用、実施するため、社内各部、および事業所に個人情報管理者を置き、総務部長が「個人情報管理責任者」として実務上の統括的な権限を持つ。
2,個人情報管理責任者は、具体的な日常業務に即した「個人情報取扱指針」を別途さだめる。
3,個人情報管理責任者および個人情報管理者は情報取扱に問題が生じた場合、また本人からの問い合わせ、訂正、苦情、開示などの請求があった場合は速やかに最善の措置を講じる。

個人情報の取得

第4条
1,個人情報の取得に当たっては、正当な事業・営業活動のために収集目的を明確に定めて行い、その目的を超えた収集をしてはならない。
2,個人情報を本人から直接取得する際は、あらかじめ利用目的を通知し、本人の同意を得ることを原則とする。ただし、本人または第三者の生命、身体、財産の保護のために必要で本人の同意を得ることが困難な場合、法令に基づく場合、当社の権利または正当な利益を害する恐れがある場合はこの限りでない。

個人情報の利用または第三者への提供

第5条
1,個人情報の利用または第三者への提供は、あらかじめ本人から同意を得た範囲で行う。
2,前項の範囲を超えて個人情報の利用または第三者への提供を行う場合は、本人に通知し、同意を得ることを原則とする。ただし、法令上必要な場合および本人または第三者の生命、身体、財産の保護のため必要で、かつ本人の同意を得ることが困難な場合、当社の権利または正当な利益を害する恐れがある場合は、この限りでない。

個人情報の委託

第6条
当社の正当な業務を遂行するに当たり、個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、個人情報に関する秘密保持義務、事故時の責任分担を明確に規定し安全管理が図られるよう適切な監督を行う。

規定の見直し

第7条
個人情報管理責任者は、個人情報管理に対する社会的要請ならびに法的規制に対応して、この規定を適宜点検、必要に応じて改定する。

違反への対処

第8条
本規定および別途定める「個人情報取り扱い指針」に違反した従業員には、就業規則や雇用契約に基づいて処分を行う。

<附則>
本規定は平成17年6月1日から実施する

個人情報取り扱い指針

個人情報の定義

第1条
当社の株主・取締役・監査役・社員・契約社員・嘱託社員等全従業員の個人情報および営業上の目的、求人目的で収集する個人情報は氏名、家族構成、扶養家族、連絡先電話番号、生年月日、住所、肩書き、略歴、振込口座番号、顔写真を原則とする。

個人情報の利用

第2条
上記で収集した個人情報は、当社の正当な業務等および事業の展開に使用する。

個人情報の提供

第3条
資料送付および当社の事業案内等を業者に郵送を委託する必要が生じた際は委託業者との間で秘密保持、損害補償などの契約を結ぶ。

個人情報の管理

第4条
個人情報が第2条の目的を逸脱して利用されないよう当社の全従業員は書類、電子データ、パソコンの管理を適切に行い、個人情報管理者がこれを監督する。

開示および変更

第5条
本人から個人情報の開示、追加、訂正、削除の要請があった場合は個人情報管理責任者および個人情報管理者と協議の上これに適切に応じる。

個人情報保護管理規定の開示

第6条
当社の個人情報保護管理規定は社内に掲示するほか本人から申し出がある時は開示する。

<附則>
この指針は平成17年6月1日より実施する。